身近な眼病の結膜炎には2種類あります

結膜炎はよく耳にする機会のあるかと思いますが、結膜が赤く充血して炎症を起こす眼病です。白目とまぶたの裏側を覆っている結膜という半が赤く充血して炎症を起こすことで発祥します。感染で起こる細菌性・ウィルス性のものに加え、アレルギーで起こるものなどさまざまな種類があります。
アレルギーが原因の場合は大丈夫ですが、ウイルスが原因と診断されたら、周りに感染を広めないように注意しなくてはなりません。短いものなら3から4日、長ければ1から2週間の間感染する危険があります。学校伝染病にも指定されているのでお子様がかかった場合は、医師の診察を受けて登校に配慮して下さい。社会人でも集団感染を防止する意味で可能であれば仕事を休むのが望ましいでしょう。

目をこすった手やハンカチなどから感染することがほとんどなので、手洗いを徹底することが大切です。タオルなども家族と別のものを使うようにして、お風呂も最後に入るなどの対策を取りましょう。
細菌が原因の場合、抗菌薬を2~3日点眼すれば症状が良くなり治ります。ですが、ウイルス性やアレルギーが原因になると特効薬はありません。ウイルスに対しての免疫がつくられ、自然に治るのを待つしかないのです。この場合は、治るのに2~3週間かかります。
どちらにしても違和感を感じたら早めに眼科を受診することをお薦めします。