乱視もコンタクトで矯正できます

視力矯正が必要なケースとしては、遠くのものがぼやけて見える「近視」の場合と、近くのものも遠くのものも見づらい「遠視」の場合が広く認知されています。しかし、視力矯正が必要なケースには、他に「乱視」の場合も含まれます。乱視という言葉を聞いたことはあるものの、意外とその意味を把握していない方は多くいます。乱視とは、目のゆがみが原因でピント合わせができず、ものがぼやけたり、二重に見えたりすることです。

乱視はコンタクトレンズで矯正できる?

乱視は、近視や遠視とは異なるものの、コンタクトレンズによって矯正できる点は同じです。ただし、乱視の方は近視用や遠視用ではなく、きちんと乱視用(トーリック)を使う必要があります。なぜなら、近視用や遠視用では、装用している最中にレンズがずれる、目の上で回転するなどの恐れがあるためです。

乱視用コンタクトのレンズデザインには2つのタイプがあります。レンズ下部に厚みをもたせ、重みでレンズを安定させるプリズムバラストデザインと、レンズの上部と下部が薄く、まぶたと眼球の間に挟み込んで安定させるダブルスラブオフデザインです。どちらのデザインが使用されているかはメーカー各社が販売している製品によって異なります。自身の目に合った製品を使用しましょう。

乱視には矯正が必要ないケースや、ソフトコンタクトレンズを使えないケースがあります。コンタクトレンズを初めて使う時は、必ず眼科を受診してください。眼科を受診することで、医師におすすめの乱視用製品を紹介してもらえる場合もあります。

乱視用コンタクトレンズの購入には通販ショップの利用がおすすめ!

乱視用コンタクトレンズは、近視用や遠視用に比べて製品の種類が少なめです。眼科をはじめとした実店舗では、販売スペースが限られている関係上、商品を選びにくい可能性が考えられます。

乱視用コンタクトレンズを購入する場合は、販売スペースに制限がなく、ラインナップが豊富である通販ショップの利用をおすすめします。例えば、販売商品が豊富である点が評価されているレンズアップルというコンタクトレンズ専門の通販ショップでは、ジョンソン・エンド・ジョンソン社を代表するアキュビューシリーズの乱視用製品や、働く瞳応援レンズとして開発されたエア オプティクスシリーズの乱視用製品、さらに乱視の方が装用できるカラーコンタクトレンズも販売されています。実店舗に比べて商品価格が安い点もメリットです。レンズアップルの乱視用コンタクトレンズ一覧ページ→https://www.lens-apple.jp/productlist/filter/categoryId/5/

以前は通販ショップを利用したコンタクトレンズの購入を忌避する方も多くいました。ところが、インターネットが広く普及し、通販ショップの利用が一般的となった現代では、通販ショップでコンタクトレンズを買うユーザーも増えています。しっかりとしたショップならば商品の品質や安全性が保障されているため、安心してご利用いただけます。ただし、通販ショップを利用する際も、定期検診の受診は忘れないようにしてください。