乾燥にはコンタクト越しに使える点眼薬を

コンタクトレンズを装着すると涙が減るため目が乾燥しやすくなり、ドライアイや疲れ目、充血の原因になります。

これらの症状を予防するために必要なのがコンタクトユーザー用点眼液ですが、薬の容器内に雑菌が繁殖するのを防ぐため、ほとんどの目薬には防腐剤が入っています。

目は繊細な器官なので毒性の強い防腐剤を含んだ薬を避け、試用期間は短くても防腐剤フリーの薬を選ぶと目に負担をかけません。

コンタクトによりかゆみや充血を伴う場合は充血専用の点眼液がありますが、充血用の薬には血管収縮剤が含まれており、涙の分泌を減らしてドライアイを進行させてしまうので注意が必要です。

副作用の無い代表的な点眼液は、疲れ目に効くビタミンや保湿力の高いヒアルロン酸やヒプロメロースを配合したもの、塩化ナトリウムや塩化カリウムを配合して涙液に近い成分にしたもので、目に優しいので安心して使用できます。

最近はハードレンズやソフトレンズにかかわらずコンタクトをしたままでも裸眼でも注せる点眼液や、点眼後に爽快感が得られるもの、角膜保護成分のコンドロイチン硫酸エステルナトリウムを配合したものなど、機能性に優れた薬がコンタクトユーザーに人気です。