メイクをするときはコンタクトの汚れに気を付けましょう

アイメイクの仕方によって、顔の印象は変わります。マスカラやアイライン、アイシャドウなどのアイメイクに力を入れている女性は多いです。しかし、コンタクトレンズをしている人の場合、少し注意をしなければなりません。アイメイクをしている時に、化粧品が目に入ってしまうことがあります。そうなると、とても痛みを伴います。また、目が痛むだけでなく、レンズも汚れてしまいますので、そのレンズを付けていることはあまり良いことではありません。

コンタクトをしている人は、アイメイクを行う前にレンズを装着しましょう。メイクをした後にレンズを入れると、レンズにメイクが付着してしまいがちだからです。マスカラの中にはウォータープルーフのものもありますが、これがレンズについてしまうと、取るのはとても大変です。レンズの付け外しの時に目の周りを触るため、せっかく付けたマスカラも取れてしまいます。

反対に、メイクを落とす時には、先にレンズを外すようにしましょう。レンズが目の中に入ったままではメイク落としが使いにくいです。目の周りのメイクを落とす時に、レンズもずれてしまう可能性がありますし、場合によっては目を傷つけてしまう可能性もあります。

メイクの途中に化粧品がレンズについてしまった時は、すぐにレンズを外して洗うようにしましょう。その際、手にも化粧品がついてしまっている場合がありますので、よく手を洗った後にレンズを外すようにしましょう。レンズをはめている時は、できるだけ目の内側にはメイクをしないようにしましょう。まつ毛の内側には、目を乾燥から守るマイボーム腺がありますが、ここに化粧品がつくと、目が乾燥しやすくなります。マスカラは、ビューラーでしっかりまつ毛をカールさせてから付けましょう。