コンタクトレンズを使うときは清潔さを重視しましょう

取り扱いに特段の注意が必要な高度管理医療機器であるコンタクトレンズですが、比較的安価に購入できることもあり、そのことを意識しながら使用している人が少ないことも事実です。正しく清潔な環境で装用することが目の健康にとって重要ですので、意識的に取り扱うことを実践することがおすすめです。

1日使い捨てレンズは、日常的な洗浄や保存などのケアや保存液などが必要ないことで人気がありますが、まだ使えそうだからという理由で続けて使用している人も見られます。それは目の健康にとって極めて危険ですので絶対にしてはいけないことです。

使い捨てタイプのレンズは耐久性の低い材質で作られているため、連続使用を想定していません。つまり1日程度の使用には耐えられるけれども、洗って再使用するのには向かない設計となっています。こすり洗いをするとレンズにひび割れが生じやすいため、その部分から目の角膜も傷つけられてしまう可能性があります。雑菌やアカントアメーバがそこから侵入して深刻な眼病を引き起こしかねませんので、使い捨てタイプは必ず使用期限を守りましょう。

取り出して装用するときにも手や指をきれいに洗うこと、眼科で定期検診を受けることも忘れずに実行するようにしておくことが重要です。