コンタクトユーザーが定期的に受けるべき定期検査の内容

適切なコンタクトレンズを処方する上で注意すべきなのはメンテナンスです。専門家が、高度な知識とスキルで行う手順となります。おおむね1時間から2時間を要する作業になります。

目の状態にレンズがあっているかを確認し、装着者の生活状況や装着にあたっての希望を問診します。目に特に何か病気がないか確認をしておくのです。眼圧の検査や眼底の異常がないかを確かめます。眼科医の診察を受けるのが適切です

近視・遠視・乱視などの異常がないかを屈折検査や角膜形状計測で調べます。視力検査を実施してレンズで補正してどれくらい見えるかを確認しておきます。涙の量を検査してドライアイかどうかをチェックするのです。ドライアイの方が装着した場合に目が充血したりしょぼしょぼすることがあるので注意が必要です。

角膜内皮細胞に異常がないかをチェックします。このような検査にパスした方は、黒目のカーブを調べてそれにあったテスト用のものを目に入れて、レンズの安定位置や動きを観察することでレンズのカーブやサイズ・デザインなどを決めます。

テスト用のものを入れた状態で視力検査を再度実施するのです。度数を決定してうまくフィットしなかったり十分な視力が確保できるかを検査しておきます。装着に関する指導を行い以後の検査のスケジュールを説明するのです。